2019/03/14

型落ちのミラーレス機でレンズ沼


昨年の秋、Nikon 1 J2 を中古で見つけた。 すでに6年前の機種なので、標準ズームレンズ付きで1万円だった。
これは、光学系の性能を限界まで使うリモセン衛星のような撮像、画像処理技術を、誰もがそうと知らず日々使いこなし、オンラインに投稿している時代に、オフラインで光学系を試行錯誤する(レンズ沼に落ちる)記録。





いつの間にか所有していたCマウントレンズの特性を探る

 SPACECOMの手動ズームレンズ G6x16-1.9 Macro-L
何年か前に中古で手に入れてあったもの。
1インチセンサ用で、35mm換算で約43~270mmの焦点距離となる。 マクロモードもあって、数センチからピントを合わせられる。
http://spacecom.co.jp/products/g6x16-1-9-macro-l/
小さいけど産業用ゆえ、金属製で620gあり、見た目よりずっしりとしている。

  望遠側は絞り開放だと快晴下でパープルフリンジが目立つ。
明るいところではかなり絞ったりしないと難しいレンズだ。

 J2のフルマニュアル操作については、ピント合わせが難しかった。 晴天下では液晶が見にくいことも手伝い、絞り解放に近いと狙ったピントを出せない失敗が多い。

Cマウントレンズの望遠端で遠方の花火(トリミング)
  いつもコンデジにまかせていた値をマニュアル操作しているうちに、だんだんとレンズの癖を会得していく。

直焦点撮影

 簡単に望遠鏡の直焦点撮影に挑戦してみた。 数年前に中古で入手したMEADE ETX-60AT (焦点距離350mm f5.6) 1インチセンサでは940mm相当の単焦点となる。
 鏡筒へはCマウントアダプタ - アイピースリングアダプタで接続。



 秋晴れの朝に撮った80km先の富士山(RAW現像)。 裾野を写すために、2枚を合成している。

10月18日夜、月と火星(左下)が接近していたので、撮影に挑戦。 ちょうど視野に収まった。
固定点から望遠撮影するなら、デジタル雲台付きレンズと考えるととても使いやすい。
あとで登場する専用の超望遠レンズと比較すると色にじみが多く、エントリーモデルゆえのレンズ性能不足が見え隠れする。

やっぱり専用設計のレンズは値段相応の価値があるのだな(沼の淵に立ちながら)。
たいていはRX100を使っているが、仕事で出先の記録写真として超望遠と超広角が欲しいと思う場面がいくつかあった。
  Nikon1自体は既にシリーズごと終息してしまったが、大きさが気に入ったので、中古でJ5のボディと超広角、標準単焦点、超望遠の3種類を入手した。 これでほぼレンズ交換ができるRX100みたいな形になる。


1Nikkor VR 70-300mm


 沼に落ちたきっかけのレンズ。 1インチセンサでは望遠端810mmの超望遠レンズになる。ただし、J5と組み合わせて890gで済んでしまう。
  
810mm f5.6  1/500s ISO720 トリミング 
換算810mm F5.6 1/400秒 


J5にはJ3のようなEVFやメカシャッターは無いけれど、手持ちで低空を通る航空機を追ってみたら、強力な手振れ補正のおかげで思った以上に撮れていた。

 空に浮かぶ安定した被写体ということで、光学系の癖や設定の効果を確認するために月を撮る。 フォーカスはマニュアル固定。三脚に数千円の微動雲台を取り付けると、移動する月を中央に収めておくのが楽。
Nikon1 J5 810mm f5.6  ISO200 1/200s

 流石に1枚だけ見てみると、大気のせいでクレーターが眠い状態だ。 しかし連写機能を使い、数十枚撮影した画像をスタックし、Registax6でWavelet変換をかけると、月のクレーターを炙り出すことができる。

Wavelet処理前 月だけを拡大したもの
処理後 (20枚スタック)

Ryzen5のコアをぶん回して出てきた画像を見ると、かなりクレーターが浮き上っている。
特に色にじみなどもみえない。

1インチセンサで画面一杯に月を撮るには、焦点距離が900mm(35mm換算で2430mm)くらい必要なようだ。 コンパクトなマクストフカセグレン鏡筒が視野に入ってくる。 こうなってくると良い架台も欲しくなって、果てのない性能向上要求が始まってしまう、危険な領域だ。設置も撤収も持ち運びも楽な今の構成のままで楽しみたいところだが…

1Nikkor 18.5mm

標準画角でf1.8と明るく、描写性能の高さに定評がある単焦点レンズ。
樽収差も少なくけっこう寄れるので、ブツ撮りに適している。
卓上で基板の全景写真の撮影によく使用している。

Nikon1 J5 換算50mm f3.2 ISO160 1/6400 

Nikon1 J5 換算50mm F2.8 ISO800 1/25秒 

1Nikkor 6.7-13mm

換算18mm-35mmの超広角レンズ

 歩きながら景色を撮るのに最高なレンズ。 建築写真、現場作業記録にも強い。

Nikon1 J5 換算18mm F4 ISO160 1/1000秒 

Nikon1 J5 換算18mm f3.5 ISO160  1/1600