profile


毛虫計算機のBlog

  
領域は電子工作、DIY、おえかき、ジャンク修理ネタ、SF、その他色々です。
過去によく見た楽しい技術系ホームページに憧れて作りました。 

 ブログは個人的な忘備録として使っているものです。企画、思想は予告なく終了したり、変更される場合があります。
回路構成などはあくまでやってみた記録であり動作保証はありません。

 中の人はクローン病で人生遠回りをしてから、2015年より個人事業主として活動しています。
 複数の規模の衛星開発に関わった経験から、大学や企業の超小型衛星開発を中心に、衛星内部から地上側設備、運用まで視野に入れ、確実に動作し生き残るための設計、実装を行っています。


Author: Kent Nakazawa (1988~ )
JAPAN TOKYO ChofuCity
GitHub https://github.com/kentN

Callsign: JI1DOD

<業務領域>
超小型宇宙機の電気システム設計、運用、実験支援
 - OBC回路設計、基板試作、実装
 - RF回路(Sub-GHz無線、GNSS)設計、PCB製造、実装
 - LPWAシステム試作


参加プロジェクトと、軌道打ち上げ実績(2008~)
・(学生時代)カンサット ローバータイプ
・高高度気球 相乗り観測機器 3機
・相乗り衛星
 - 1U CubeSat 1機 ミッション機器 
 - 30kg級小型衛星 2機 ミッション機器、電気システム 
 - 50kg級衛星 2機 ミッション機器 
・超小型主衛星 2機 (分離装置、CDH系、電源系、ミッションペイロード、地上局無線設備)
開発中

・3U CubeSat メイン基板、周辺回路

Rover (ARLISS2008)
One Wheel Rover prototype(2010)
ARTSAT Mission OBC "Morikawa" (2013)
ARTSAT High Altitude Balloon Equipment (2014)
OBC644 (Arduino Compatible) (2014~2018)
3U CubeSat OBC "COMM" (2016~2017)





2010~2018