2009/12/19

個人で出来ることの拡大

 現状に不満をいだいた人間の行動はいろいろありますね
大まかに 


  • 仕方なく現状維持
  • サービスにお任せする
  • あるていど自分でサービスを組み合わせる、作り出す

に分かれるでしょう。 殆どの人間が事情に応じてどれかを選択するわけで、選択に優劣があるないは関係ありません。

 新しいPCが欲しいという仮定に沿えば、

  • 今は資金も無いし現状維持
  • メーカー品を頼る
  • パーツを取り寄せて自作する
 こう分類されると思います。 資金や時間制約が大きければ、自分の手を汚さない選択肢が好まれる傾向になります。

 だれでもオリジナリティを出したいから、余裕やスキルがある人は、
メーカー品でも センスの良いものを選んだり、自作PCで好きな構成のPCを制作する人もいるし、
わざわざ木でケースを自作する人(笑) といった個性が生まれるところです。

 PCで言えば、一式30万,40万円していた時代には、そうした個性が生まれる余地はなかったのです。
ネットが普及して、誰もがPCを所有するようになって10年。
IT化と製造業の多国籍化はメーカー品という概念を大きく変えました。 価格競争が熾烈になり、開発費節減のためにCAD、FPGA、3次元造形、CNCマシンといった技術が発展しました。

皮肉なことに、企業のコストダウン化の果てに、専用の工場が必要だった上記の技術は、いつの間にか一般人が自宅に備えることも可能な技術になってしまいました。
今や、電子機器に関していえば、自分で欲しい機能があったら、身の回りの機械に関してはどれも制作可能です。
例えばMP3プレーヤーは、MP3デコーダー、アンプ、マイコン、メモリーカード、充電池、ケースで出来ていると言い換えられます。複雑怪奇に見える基板も、実はこれだけです。ICの動作に必要なコンデンサや抵抗は、データシートという文章にすべて指定されていたりするので、動くだけでよければ深い知識もいりません。 だれが見てもレゴブロックのように判別できるのが現代の電子機器です。

CADで回路を設計し、マイコンにプログラムを書きます。処理回路の要求によってはFPGAで論理回路を組みます。
基板はCADで設計したあと、自作するかデータを業者に送ることで手に入ります。部品はネットでで手に入れることが可能です。
ケースもCADで設計して、3Dプリント業者に発注することもできるし、 3Dプリンタも個人で手の届くものもあります。
自宅にいながらにして、すべての工程が実行可能なのです。 日本の花形といわれる家電産業が、ゲリラ的に安価な商品を市場に投入できる外国の業者に苦戦しているのは、こうした理由ですね。組み立てることは誰でもできるので、この時代は設計製造技術に関連する企業、部品を生産する企業以外は厳しいのです。

とまあ他人行儀な文体で送る文章でした。